スポンサードリンク

秋ウコンの効能

秋ウコンは、インド原産のショウガ科の植物ウコンの一種です。ウコンには春ウコン、紫ウコン(ガジュツ)などがありますが、秋ウコンは、クルクミンを豊富に含むことで知られています。



秋ウコンの含むクルクミンは、胆汁の分泌を促す作用があることから、肝臓に良いといわれています。胆汁は、肝臓から分泌される消化液で、主に脂肪分を乳化し膵液リパーゼ等の機能を高めることで肝臓の消化、吸収を助ける働きがあります。



肝機能が弱ると胆汁の分泌が減少し、肝臓への負担が増してきます。秋ウコンの含むクルクミンは胆汁の分泌を促進させて、肝臓の働きを助けます。



秋ウコンが二日酔い予防に効果があるとされるのは、クルクミンが、二日酔いの原因物質といわれるアセトアルデヒドの分解を約50%促進するといわれているからです。



クルクミンは、体内で腸から吸収されるとテトラヒドロクルクミンという強力な抗酸化物質に変化します。テトラヒドロクルクミンは身体に有害な活性酸素を消去する働きがあり、糖尿病やがんなどの多くの生活習慣病を予防したり改善する効果が期待されています。さらに、がん細胞に対してアポトーシスを誘導するとの報告もあります。



クルミンは、高い抗酸化作用があるとされ、悪玉コレステロールのLDLの酸化を抑制することで、動脈硬化の予防にも効果があるとされています。また、殺菌作用があるとの報告もされています。さらに体脂肪を減らす効果も期待できるともいわれています。



秋ウコンはクルクミンによって様々な効能を期待できるとされていますが、一方では肝臓細胞の働きを抑えてしまう傾向があるとの報告もあります。したがって、サプリメントなどで多量に長期連用するには十分な注意が必要と思われます。さらに、多量の摂取をしてはいけない人として胆汁管障害または胆石のある人と胃潰瘍または胃酸過多の人があげられています。



ちなみに、ドイツの薬用植物の評価委員会であるコミッションEでは、消化機能不全への使用が承認されていて、そのウコンの摂取量は、承認ハーブ(医薬品)で平均1.5-3 g/日、別の文献では1.5-3.0 g/日(お茶として4.5-9.0 g/日)とされています。

秋ウコン 最新一覧 By 楽天


秋ウコンの効能 / ストレス解消とウコン / 秋ウコンで白内障予防 / ウコンで内臓脂肪ダイエット / ウコンとアンチエイジング / ウコンで脂肪肝予防 / 秋ウコンで動脈硬化の予防 / ウコンと認知症 / ウコンの飲み方 / ウコンと糖尿病 / ウコンと二日酔い予防効果 / ウコンの飲み方 / ウコンの摂取量 / ウコンとC型肝炎 / ウコンの力


秋ウコンの効能 / 春ウコンの効能 / 紫ウコンの効能 / 白ウコンの効能 / クスリウコンの効能 / 黒ウコン

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。