スポンサードリンク

ストレス解消とウコン

ウコンがストレス解消に効果があるといわれています。ストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れることで体調の不調を招くことが知られています。



自律神経には、交感神経と副交感神経があり、ストレスを受けると、交感神経が活性化され心臓や血管に作用し、心拍数が増えたり、血管が収縮して血流が悪化して血圧が上がります。



また、胃腸の血液量を減らし、その動きを鈍くする。その結果、食欲は減少し、胃液の分泌量が増えて、ひどいときは胃潰瘍や急性胃炎などを引き起こします。



ところで、交感神経の活性を抑制するには、副交感神経を活性化させることが有効であるとされています。そのための最も有効なことは睡眠です。



そして、一部の消化管を働かせて活性化すると、副交感神経が刺激されて、自律神経の安定化につながることも知られています。



ウコンには、クルクミンをはじめとしてクルクメン、シネオール、アズレンあるいはカンファーなど多くの成分が含まれています。



なかでも、クルクミンは、胆汁の分泌を活発にする作用があり、血行を促進して血液の巡りを良くする作用があるとされています。



そのため、ウコンは、胆汁の分泌を促進して、一部の消化管を活発にする作用があることで、副交感神経を刺激して、自律神経のバランスを正常にし、血流を改善することで、ストレス解消に効果があると考えられています。



カレーがストレス解消に効果があるとされるのも、このウコンが含まれていることによると考えられます。



ウコン 最新一覧 By 楽天



秋ウコンの効能 / ストレス解消とウコン / 秋ウコンで白内障予防 / ウコンで内臓脂肪ダイエット / ウコンとアンチエイジング / ウコンで脂肪肝予防 / 秋ウコンで動脈硬化の予防 / ウコンと認知症 / ウコンの飲み方 / ウコンと糖尿病 / ウコンと二日酔い予防効果 / ウコンの飲み方 / ウコンの摂取量 / ウコンとC型肝炎 / ウコンの力

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。