スポンサードリンク

紫ウコンとピロリ菌

紫ウコン(ガジュツ)は、胃潰瘍の主な原因とされているヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)の育成を抑える効果があるとされています。



紫ウコンは、ウコンといっても秋ウコンや春ウコンに含まれているクルクミンをほとんど含んでいませんが、芳香成分を豊富に含んでいるのが特徴です。



紫ウコンの主成分はターメロン、シネオール、クルクモール、α-クルクメンなどの芳香・精油成分ですが、その他にも、多種多様な成分を含んでいます。そして、春ウコンと組み合わせた時、相乗効果が大きく働くといわれています。



紫ウコンは、胃酸分泌抑制剤であるプロトンポンプインヒビターとの併用を試みたところ、抗生物質と同程度の7〜8割のピロリ菌が消えたという報告があります。



紫ウコンを服用することによって、胃内がピロリ菌の棲みにくい環境になり、活動を止めた菌が胃外に排出されるに至るとされています。そして、胃潰瘍などの炎症を起こしていた胃は、ピロリ菌がいなくなった胃粘膜では炎症が止まり、胃酸の分泌が再開されるなど健康を取り戻すことになります。



秋ウコンは胃潰瘍または胃酸過多、胆道閉鎖症の人には禁忌とされていますが、紫ウコンは慢性胃炎等の治療薬としての薬効を期待できるだけでなく、ガン細胞の成長抑止効果があることもわかってきています。

紫ウコン(ガジュツ) 最新一覧 By 楽天



紫ウコンの効能 / 紫ウコンとピロリ菌

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。