スポンサードリンク

ウコンと認知症

ウコンは認知症の予防効果があるといわれています。秋ウコンの主成分のクルクミンが、認知症のアルツハイマー病を予防できる可能性があるという報告があります。



老人性認知症のなかでは最も多いアルツハイマー病の脳では、老人斑が見られ、その主要構成成分がアミロイドβ蛋白 (amyloidβprotein)です。



アミロイドβそのものに害はなく、2つ以上結合すると神経細胞に毒としての作用を及ぼすことがわかっています。結合したアミロイドβが脳の神経細胞の周りに集まると、その毒性によって細胞内の微小管を形成するタウ蛋白 (Tau protein)がはがれ、凝集を始めます。



タウ蛋白が凝集を始めると神経細胞は死んでしまい、アルツハイマー病の発症につながると考えられています。アミロイドβの生成、結合、そして神経細胞内でのタウ蛋白の凝集、こうした一連の進行がアルツハイマー病を引き起こすと考えられています。



秋ウコンの主成分のクルクミンには、このアミロイドβが脳の神経細胞に沈着するのを抑制する作用があることが報告されていることから、秋ウコンには認知症のアルツハイマー病予防効果が期待されています。

クルクミン 最新一覧 By 楽天


秋ウコンの効能 / ストレス解消とウコン / 秋ウコンで白内障予防 / ウコンで内臓脂肪ダイエット / ウコンとアンチエイジング / ウコンで脂肪肝予防 / 秋ウコンで動脈硬化の予防 / ウコンと認知症 / ウコンの飲み方 / ウコンと糖尿病 / ウコンと二日酔い予防効果 / ウコンの飲み方 / ウコンの摂取量 / ウコンとC型肝炎 / ウコンの力

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。