スポンサードリンク

α−クルクメン

α−クルクメンは、春ウコンや、紫ウコン、そして、クスリウコンなどに含まれているビサボラン型セスキテルペノイドの精油です。特にクスリウコンの含有量が多いことが知られています。



α−クルクメン(Curcumene)は、抗腫瘍活性や、健胃、抗潰瘍作用、脂質代謝改善作用があるとされていて、体内コレステロールを溶かし血管壁を強化し、胆道結石、 動脈硬化予防に効果があるとされています。



α−クルクメン(Curcumene)は、脂肪酸合成酵素の活性低下によって脂肪酸の合成を抑制し、血中及び肝臓のトリグリセリド(TG:中性脂肪)を低下させる作用があります。



そして、α−クルクメンは、安全性の高い成分であることから、単離して脂質代謝改善剤とした製品が存在しています。この脂質代謝改善剤は、高脂血症、動脈硬化症、糖尿病、高血圧、脂肪肝、心筋梗塞等の疾患の治療及び予防に効果があるとしています。



α−クルクメンの脂質代謝改善剤の投与量は、投与の目的や投与対象者の状況(性別、年齢、体重等)により異なりますが、通常、成人に対して経口投与の場合、1日あたり10〜2000mgの範囲で、また非経口投与の場合、1日あたり1〜200mgの範囲とされています。



推奨されている投与量は、それぞれ100〜1500mg、10〜150mgの範囲で、適宜調節して投与することができるとしています。



しかし、春ウコンや、クスリウコンには他にも有益な成分が含まれていることから、ウコン丸ごと利用することで効果を得ることができます。

α−クルクメン 最新一覧 By 楽天


カンファ / アズレン / ジンギベレン / β-エレメン / α−クルクメン / クルクモール / シネオール / ターメロン / ジンゲロールとショウガオール / アントシアニン / テトラヒドロクルクミン / クルクミン / ゼルンボン

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。