スポンサードリンク

クルクモール

ウコンが含む精油成分のひとつにクルクモールがあります。クルクモール(Curcumol)は、抗がん作用を活性化する働きがあるとされています。



クルクモールは、春ウコン(キョウオウ)や、紫ウコン(ガジュツ)に含まれていて、特に春ウコンが含有量が多いことか知られています。



クルクモールの抗がん作用によって、中国ではすでに子宮頸ガンの治療に、使用されています。台湾でも臨床試験が開始されています。



春ウコンには、高い抗がん作用があるとされていますが、それは、このクルクモールの関与によるところが大きいと考えられます。



さらに、クルクモールには、美肌(保湿)効果があるとされ、化粧品への利用がなされています。



クルクモールは、クルクミンや、α−クルクメンなどとともに、悪玉コレステロールや活性酸素を抑える働きをすることは広く知られています。



そして、同じくウコンに含まれるミネラルも活性酸素の除去に寄与し、食物繊維は大腸の掃除をしてリンパ球を活性化させ、ビタミンは体内の抗酸化に寄与します。



そのため、クルクモールなどを単離してとるよりも、春ウコンや、紫ウコンとして摂る方が、副作用のない強い抗がん効果が得られると考えられています。

春ウコン 最新一覧 By 楽天


カンファ / アズレン / ジンギベレン / β-エレメン / α−クルクメン / クルクモール / シネオール / ターメロン / ジンゲロールとショウガオール / アントシアニン / テトラヒドロクルクミン / クルクミン / ゼルンボン

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。