スポンサードリンク

アントシアニン

アントシアニンは、黒ウコン(クラチャイダム)の主成分のひとつです。アントシアニン(anthocyanin)は、ブルーベリーやビルベリーなどに含まれる成分として知られている赤、青、紫を示す水溶性色素です。



黒ウコンが含むアントシアニンの量は、目にいいとされるブルーベリーの3倍の含有量があります。そして、アントシニンは、視力改善に効果があるといわれています。



私たちが、物を見て認識するのは、カメラのレンズにあたる瞳を通過した光がフィルムに相当する網膜に像を結ぶことによります。



この網膜にはかなり薄い膜の層がありその表面を「ロドプシン」という紫色の色素で覆われています。



ロドプシンは、光の刺激を受けると瞬時に分解され、またすぐ再合成されます。ロドプシンの分解・再合成の繰り返しによって光の情報が電気信号に変換され、これが脳に伝わることで対象物を認識することができています。



長時間目を酷使し続けたり、加齢などで、視力減退となるのは、ロドプシンの再合成力が弱まることで充分なロドプシンが合成できないことが原因のひとつとされています。



アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進する作用があることで、視力減退を改善する働きがあるとされています。



アントシアニンのロドプシンの再合成を促進する作用は、摂取後4時間程で効果が見られ、24時間程度で消失するとされています。



したがって、常に目を酷使している人や、老眼予防を考えている人は、黒ウコンなどでアントシアニンを毎日摂取することが望ましいといえます。



また、黒ウコン豊富に含まれるアントシアニンは、善玉ホルモンのアディポネクチンを増加させ、脂質代謝改善をもたらす作用があると考えられています。



アディポネクチンは脂肪細胞が分泌する善玉ホルモンで、分泌量が多い人は、メタボの原因とされる内臓脂肪が少ないことが知られています。



アントシアニンは、フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られ、このほかにも、様々な効果が期待されているようです。例えば、ビルベリーに最も多く含まれるアントシアニンの一種、デルフィニジンは、毛細血管の透過性を正常化し、また静脈への白血球の接着が低下するとともに、血管の反応も正常になるといわれています。



さらに、アントシアニンには、白内障予防、毛細血管の保護・強化作用、抗潰瘍作用、循環改善作用、抗炎症作用などがあるとされています。また、強力な抗酸化作用を持つことから、 米国ではアントシアニンに関して、がんや老人性認知症の予防効果があるとする研究結果も報告されています。

黒ウコン 最新一覧 By 楽天


カンファ / アズレン / ジンギベレン / β-エレメン / α−クルクメン / クルクモール / シネオール / ターメロン / ジンゲロールとショウガオール / アントシアニン / テトラヒドロクルクミン / クルクミン / ゼルンボン

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。