スポンサードリンク

クスリウコンの効能

クスリウコンは、インドネシア原産でジャワウコンとも呼ばれる、ショウガ科のウコンの仲間です。英語ではJavanese Turmericあるいは、 Java Turmeric 学名は、Curcuma xanthorrhizaと表記します。



クスリウコンは、秋ウコンよりもクルクミンの含有量が多く薬効が強いといわれていて、マレーシア地域で多く栽培されています。現地名をクニッツと言うようです。



インドネシアには、植物を原料にした伝承医療「ジャムウ」がありますが、クスリウコンはその重要な材料でもあるとされています。用いるのはTemu Lawakと称する根茎で、食欲増進や、下痢、貧血、痔などの症状の改善に用いるなどといわれています。



クスリウコンの有用成分は、クルクミンと精油成分です。クルクミンは、抗酸化作用を示すポリフェノールの一種で、肝臓の細胞を守るとともに胆汁の生成を促進する機能亢進作用を持ち、有害物質の体外排泄を促しながら消化も助けるされ、近年では、抗癌作用などの研究が進められてもいます。



精油成分は、ゲルマクロン(Germacrone)、キサントリゾール(xanthorrhizol)、フェランドレン (phellandrene)、シネオール (cineol)、ツルメロン(turmerone)、クルクメン(Curcumene)、カンファー(独: camphor)など多様な薬理成分を含んでいます。



精油の薬理作用には様々なものがあり、例えば、クルクメンは、血液中のコレステロールを溶かし、動脈硬化を防ぐ作用や、抗腫瘍活性というがん細胞の増殖を抑える作用もあると注目されています。



クスリウコンは、肝臓の炎症を鎮めたり薬物代謝をコントロールして肝臓の疲労を除去してくれるとされていますが、さらに、肝臓だけでなく胃壁の潰瘍を鎮める効果をもっています。



その結果、肝臓や胃腸が元気になり、食欲も増して疲労回復、精力増強効果を期待できるとされていて、肝疾患、消化性潰瘍に効くといわれていて、更年期障害にも効果があるなどと言われています。



その他にも、抗痙攣、にきび、痔、マラリヤ、下痢、食欲不振、伝染性黄疸、貧血、疱瘡、胃炎、駆虫、催乳、湿疹、便秘、血尿、てんかん、肝機能改善、腎炎、黄疸、などに対しても薬効があると考えられています。

クスリウコン 最新一覧 By 楽天

秋ウコンの効能 / 春ウコンの効能 / 紫ウコンの効能 / 白ウコンの効能 / クスリウコンの効能 / 黒ウコン

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。