スポンサードリンク

ウコンの飲み方

ウコンは、二日酔い予防やダイエット、健康維持などへの効果が期待されています。二日酔いの予防や健康目的でウコンを摂取する場合には、有効成分のクルクミンの体内への吸収率を高めることが必要となります。



ウコンには水溶性の有効成分や脂溶性の有効成分が含まれていますが、クルクミンは、脂溶性の有効成分です。



したがって、脂肪分が含まれる牛乳や、油分の入った食事とともに摂取する事が良く、ウコンを含む最も一般的なメニューのカレーは、かなり高い吸収率があります。



また、大豆由来のレシチンが、クルクミンの体内への吸収を助ける作用があるとの報告もあることから、豆乳と一緒に摂るのも効果が高いといえそうです。



ところで、ウコンのサプリメントを摂取する場合、一般的には、錠剤タイプと粉末タイプのウコンサプリメントの場合、お酒を飲む約1時間前に摂取すると良いといわれています。



これは、錠剤タイプや粉末タイプのウコンサプリメントは、ウコンエキスを乾燥させてから作られているため、吸収するまでに時間がかかってしまうからです。



一方、カプセル剤やドリンク剤のウコンサプリメントの場合、吸収率が高いことからお酒を飲む10分から15分前に飲むのが良いといわれています。



ところで、カプセル剤は、ウコンのエキスがそのままカプセルに閉じ込められていれば、高い吸収率と即効性が期待できますが、ウコンエキスを粉末状に加工してカプセルに閉じ込めているサプリメントは吸収するまでに時間がかかってしまいます。



また、二日酔い予防効果をより高めるには、お酒を飲んだ後にもウコンを摂取するのが効果があります。ただし、ウコンの過剰摂取は逆に肝臓に負担をかけてしまいますので、要注意です。



ダイエット目的でウコンのサプリメントを利用する場合には、運動の後よりも前に摂取する方が効果が高いようです。



また、ウコンの種類には春ウコン・秋ウコン・紫ウコンなどがあり、二日酔い予防は、秋ウコンといわれていますが、ダイエットに効果が期待できるのは紫ウコンといわれています。



紫ウコンには神経を興奮させる作用もあるため、夜の摂取は控えたほうが良いようです。

ウコン 最新一覧 By 楽天



秋ウコンの効能 / ストレス解消とウコン / 秋ウコンで白内障予防 / ウコンで内臓脂肪ダイエット / ウコンとアンチエイジング / ウコンで脂肪肝予防 / 秋ウコンで動脈硬化の予防 / ウコンと認知症 / ウコンの飲み方 / ウコンと糖尿病 / ウコンと二日酔い予防効果 / ウコンの飲み方 / ウコンの摂取量 / ウコンとC型肝炎 / ウコンの力

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。