スポンサードリンク

ウコンの摂取量

ウコンの摂取量については諸説あります。ウコンの有効成分であるクルクミンは、第61回JECFA(2003.6)において添加物としての再評価がなされ、一日摂取許容量(ADI)は0-3 mg/kgbwとされています。



つまり、体重60Kgの人の場合、クルクミンの一日摂取許容量(ADI)は180mgとなり、これは、ウコン60gに相当します。



また、ドイツの薬用植物の評価委員会であるコミッションEでは、消化機能不全への使用が承認されていて、そのウコンの摂取量は、承認ハーブ(医薬品)で平均1.5-3 g/日、別の文献では1.5-3.0 g/日(お茶として4.5-9.0 g/日)とされています。



ウコンは、二日酔い対策などで時折摂取する程度なら、かなり大量に摂取することが可能といえます。しかし、何らかの症状軽減のために長期間、毎日摂取し続ける場合には、抑制した量の摂取が良いといえそうです。



例えば、ウコンの力は、二日酔い対策のドリンク剤として知られていますが、これを、健康のために、毎日飲み続けるのは、量が多すぎる可能性がありそうです。

秋ウコンの効能 / ストレス解消とウコン / 秋ウコンで白内障予防 / ウコンで内臓脂肪ダイエット / ウコンとアンチエイジング / ウコンで脂肪肝予防 / 秋ウコンで動脈硬化の予防 / ウコンと認知症 / ウコンの飲み方 / ウコンと糖尿病 / ウコンと二日酔い予防効果 / ウコンの飲み方 / ウコンの摂取量 / ウコンとC型肝炎 / ウコンの力

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。