スポンサードリンク

白ウコンの効能

白ウコン(学:Zingiber zerumbet)は、ハナショウガとも呼ばれていて、インド原産のショウガ科、多年草の植物です。日本では沖縄で栽培されていて、沖縄では「ムザヌウッチン」と呼ばれています。



白ウコンは、秋ウコンとは異なり、クルクミンを含みません。そのため、白ウコンにはクルクミン由来の効能を期待することはできません。また、苦味が強烈なことも特徴です。



しかし、白ウコンの精油中8〜9割を占めるゼルンボン(zerumbone)という精油成分が、がん細胞の防止や免疫機能を活性化したり、メラニンの形成を抑制したり、消炎鎮痛などの効能が報告されています。



ゼルンボンは、抗炎症・鎮痛、発癌ウィルスの増殖阻害、抗HIV細胞防御、メラニン形成阻害、生体防御・解毒酵素の誘導作用があると考えられています。



また、白ウコンは、沖縄から東南アジア、南太平洋まで広く分布していて、古来、民間伝承薬として使用されてきたようです。とりわけ、膵臓によく効き、糖尿病に大きな効果を発揮するほか、高血圧、痛風、疲労回復に効果があるとされています。



また、インドネシアでは水虫の特効薬として使用されているようです。すりおろして汁を患部に塗るとすぐに痒みも消え、完治するとされています。但し、皮膚の弱い人はかぶれる恐れがあるとされ、注意が必要なようです。



白ウコンの粉末の飲み方については、最初の1週間はスプーン1/2、その後はスプーン1杯を目安に、1日3〜5回水かぬるま湯で飲むことが推奨されています。

白ウコン 最新一覧 By 楽天


白ウコンの効能 / ゼルンボン


秋ウコンの効能 / 春ウコンの効能 / 紫ウコンの効能 / 白ウコンの効能 / クスリウコンの効能 / 黒ウコン
【白ウコンの効能の最新記事】

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。